看護師の求人多すぎ!希望通りの求人見つけるコツってあるの?

世の中看護師への求人は多くありますが、希望通りの求人が見つかるとは限りません。
看護師の資格を手に入れている方でただ就職ができればどんな職場でも良いと考えている方は少ないでしょう。
誰しも転職に不安はあるもの。
自分がなぜ転職をしようと思ったのか、その動機を分析してみることも大切です。
なるべくならば給料が高くて職場環境も良く、夜勤のなく良い環境で働きたいと考えておられる方が多いものです。
望んでいるところに転職するには、情報収集こそが重要になってきます。
看護師の当直が16時間などにおよぶ長時間勤務となっていて、勤務中の仮眠が取れます。
月に8回までと国の指針では定められていますが、それを超えることが多いのが現状です。
働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、離職する看護師が多い理由のひとつと考えられます。
職場を変わられるときにはご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。
注意すべきこと、それは履歴書で最重要と言っても過言ではない、志望した動機について、どのように表記するかということになります。
どうするのが良いかというと、雇用条件や労働環境の良さを志望理由とするのではなく、成長に繋がるといったことや、「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、前向きな印象を受ける内容が適すると思います。
逆に転職先として狭き門になっているのが、町医者や小さなクリニックです。
こういったところは就業時間が安定していて、大病院と違って日常業務がほぼルーティンワーク化しています。
ですから、私生活との折り合いも付けやすく離職率は断然低いのです。

看護師の転職理由が給料アップでもOK?【現在の年収にお悩みの方必見!】