個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 三重県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは三重県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

三重県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(三重県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    三重県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    自賠責保険の契約を解除すると残りの契約期間によって返金してもらえるのですが、車両を売る際は買取業者が名義の書き換えで対処するので、返戻金は受け取ることができません。

    でも、その分は買取額を増やすことで考慮してもらえることがいっぱいあります。

    それに、自動車任意保険の場合は、保険会社に連絡して、返戻金をもらってください。

    事故してしまい車を直した場合は、事故車と呼ぶのではなく修復暦車と呼ぶのます。

    修復暦車の場合だと、車買取業者の査定において、査定金額が大きく落ちてしまう対象のひとつとなります。

    ただし、軽い事故を起こして修理した場合、修復暦車とされることなく高額査定が受けられる車もあります。

    車査定、買取のアプリを使うことが出来れば、個人情報の入力がいらないため、買取業者からの営業のリスクもありません。

    一般的に、車査定アプリの利用は何度でも無料で、すぐ操作出来ますから、スマートフォンの使い方に慣れていない方でも問題ありません。

    スマートフォンをご利用中であれば、車査定アプリを一度ご利用下さい。

    車を友達や知人に譲る場合、知り合いだからと安直に考えるのは捨てるべきです。

    手続きがきちんと済んでいなければ、お金を無意味に支払わざるをえなくなるかもしれません。

    後で大きな問題が発生しないように名義変更などの大切な手続きは忘れずにしっかりやっておきましょう。

    業者に車を買い取ってもらう際の流れは、WEB上の一括査定サイトを利用して買取業者を選定し、その後、現物査定をお願いするというのが普通の流れだといえるでしょう。

    前者はネット上ということもあって半ば機械的ですが、現物査定となれば対面でのやりとりになるので、交渉術にものを言わせて買取額を上げることもできるのです。

    余裕があれば、複数の業者から現物査定で金額を聞いてみて、それに基づいて価格交渉してもいいでしょう。

    消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の相談が寄せられています。

    特に中古車売却についての事案は右肩上がりに増えています。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみる事がまず第一です。

    自分ではきちんと注意していたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する時があるので要注意です。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば売却する方に責任があるでしょう。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もり時に見落とした方が悪いので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。

    10万キロ以上走った車というのは、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、一般の中古買取店などで査定してもらってもタダ同然になることが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    出張して査定してくれるサービスを利用せずに直接店舗へ行って査定の依頼をしてもいいのですが、大概の業者の出張査定は全部無料とのことですから、使ってみる人も、少なくありません。

    わざわざ買取業者の店舗まで行かなくても良いというのはありがたいことですが、無料で来てもらったのに買取を断るのは言いにくいと考える人もいます。

    車買取の値段はどの業者を選ぶかで変わり、場合により金額のギャップがかなり出る場合もあります。

    査定依頼を複数の業者に頼むべきだというわけはこのことからです。

    買取業者を、一つではなく数社に査定してもらいたい時には査定をいっぺんに行ってくれるサイトが存在しているのでそれを使えば、大して骨の折れることではありません。

    三重県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    三重県で新車リース申込なら