個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 千葉県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは千葉県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

千葉県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(千葉県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    千葉県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    自動車のオーナーというものは、使用していなくても維持費がかかってきます。

    自動車税は毎年かかりますし、車検は二年に一度実施しなければいけませんし、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    もっと言うならば、アパートなどに住んでいる場合には、パーキング代も余計にかかるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、結構大きな維持費用を支払っても所有しなければいけないのかじっくり検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。

    中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、個人間の取り引きの方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが名義変更に関することとお金に関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、大抵の会社では、業者が自宅などに出向いてくれる出張査定があります。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、査定額をはじき出してくれるのです。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、同じ時刻に居合わせたスタッフの間で自然に価格競争が起きてきますのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年でだいたい1万キロというのが相場です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、これが10万キロともなれば過走行車扱いで査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障している可能性も高く、引き取り拒否ともとれる見積り額を提示されることもあります。

    訳ありの車、例えば事故を起こしたことのある車だった時などには、値がつくかどうか考えることもあるでしょう。

    買い換えるのが新車だと決定していれば新車の購入先のディーラーへ下取り依頼するのが一番確かでしょう。

    車の買取業者へ依頼する際には通常の買取と同じで買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

    現行の型で、さらに純正の部品のみならおそらく高く売れるでしょう。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が金額的に有利だという意見は根強いようです。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、業者が見逃すことを期待しているのです。

    ただ、そんな儚い期待を抱くより、時間を問わずなるべく多数の業者から見積りをとるほうが効率的です。

    業者同士で競合が起きればおのずと査定額も上がってくるというものです。

    車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構あります。

    一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。

    名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、名義人の方の印鑑証明書と譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人でも売却可能です。

    しかし、週末や夜などにご本人自身が契約できるなら、書類を減らすことができますので、相談してみると良いでしょう。

    自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。

    ローンを返済し終えて名義変更してからなら売却可能です。

    前から考えていたのですが、子供が生まれたので思い切って車をミニバンに乗り換えることにしました。

    出費を少しでも抑えたいため、ムーブ(妻のものです)を査定してもらおうと計画していたものの、その車が10年以上も前に買ったものでしたから、実際値段がつくのかどうか気がかりでした。

    でも、一括査定サイトを使っていくつかの業者に見積もりをお願いした上で、出張での査定をお願いしたところ、およそ20万円という結果で買ってもらえました。

    一括査定業者のサイトごとに一緒に申し込みできる業者数は一致しませんが、時間をかけないようにするためにも一度に10社以上申し込めるところが利点です。

    しかし、一括査定で提示される査定額というのは、予想相場で参考価格でしかありません。

    最善を尽くすためにも、実車査定とは相違がある可能性が高いことを頭の隅に入れておいてください。

    所有する車を売りに出そうと決定したのならば、一番最初にすることは、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。

    査定金額の相場を把握することによりひどく安く買い取られる可能性を随分と減らすことが出来るでしょうし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、このようなホームページで相場の値段を知ることはとても簡単です。

    千葉県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    千葉県で新車リース申込なら