個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 宮崎県 > 諸塚村

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは宮崎県諸塚村にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

宮崎県諸塚村の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(宮崎県諸塚村編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    宮崎県諸塚村の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車種であったり、タイミングであったりで異なってくるとは思いますが、外車では、買取業者に買い取ってもらおうとすると「この査定額は納得できない!」という事態に陥ることがよくあります。

    外車を買取に出すときには、外車専門買取業者、または外車の買取を熱心に行っているような業者に査定依頼に出すことが重要です。

    また、必ず行うべき重要なことは、いくつかの買取業者に査定してもらうということです。

    自動車を手放す場合に買取にするか下取りにするか、どちらを選んだらいいかというと高く売りたいと思うなら買取です。

    下取りは買取よりも安い値段で手放すことになります。

    下取りにすると評価されないところが買取なら評価してくれることもあります。

    特に事故車を売却したい時には、下取りでは評価が非常に低く、廃車費用を請求されてしまうこともあります。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却というのは本来大きな金額が動く行為ですね。

    たとえどんなに親しくしている友人だったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、大切な事柄に関してはきちんと書面にしたためるべきです。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からいざこざが起きても仕方がないため、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる要因となってしまいます。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、過去に修理した履歴がある車は減額対象になるケースが多いのです。

    もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買い取る業者に査定してもらい、売買契約書にサインをした後で金額を下げるように請求されることがあるようです。

    それでも、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても承諾しなくてよいのです。

    不具合を知っていたにもかかわらず、事前に知らせていなかったというならいけませんが、そうでなければ断固減額を拒むか、契約を白紙に戻しましょう。

    中古自動車を売るときなどは、きちんと心構えをしていたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    中古車を売る時に時折見られる事案としては、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げる場合があるので気を付けなければいけません。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならば売却する方に責任があるでしょう。

    しかし、自分が何も悪くないときには、事前に査定で見落としをしてしまった方が責任を取る必要があるので、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    近いうちに車の買い換えを考えていて、今乗っている車の売却を考えていた時に、友達から一括査定について耳にしました。

    いくつかの買取業者から一度の申し込みで見積もりをとれて、条件がベストのところを自分自身で決定できるなんて、忙しくて時間のない私にとっては、すごく使いやすいものです。

    ぜひともネット一括査定を使おうと思います。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて査定額は限りなくゼロに近づいてしまいます。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっている場合があり、あまり歓迎されません。

    中古車買取り業者による査定の際はぜったい所有者が立ち会う必要があるなどとするルールこそないものの、やはり車の持ち主がいない場所で起きがちな問題を防止すべく、できるだけ実車査定には所有者が同席するようにしましょう。

    トラブルの例としては、車のことがわかる人がいないのに乗じてこっそりキズをつけて本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    これまで大事に乗ってきた車を買い取ってもらうなら、気持ち良く取引したいですね。

    買取価格アップに直結するかわかりませんが、掃除だけは済ませておきましょう。

    車内の掃除をしたら、シートカバー、ホルダー、ゴミ箱等は撤去しておきましょう。

    収納部分もカラにしておくのが望ましいです。

    ボディやガラスが汚れているときは、ちょこちょこ拭くより水洗いが効果的です。

    洗剤を使うのでも手持ちのカーシャンプーで良いでしょう。

    頑張って鉄粉落としなどを使いまくると、塗装ごととれる可能性もあるので、清潔さを第一に考えてください。

    ホイール周りやルーフは汚れが残りやすいので、忘れないようにしてください。

    それだけで見違えるようになります。

    営業さんも人間ですから、マイナス面を減らすことで少しでもプラスになるでしょう。

    宮崎県諸塚村の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    宮崎県諸塚村で新車リース申込なら