個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 秋田県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは秋田県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

秋田県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(秋田県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    秋田県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    動かない車は買取もできないんじゃないかと思っておられる方がかなり多いですが、動かないような車でも、買取を行ってくれるところはあります。

    一見、動かない車にはまったく価値はないように見えますが、たとえ動かなくとも価値はあるのです。

    使われている部品は再利用ができるようになっておりますし、車というものは鉄なので、鉄としての価値も十分にあります。

    車を売りに出したいというときに最善の方法のひとつに、中古車の一括査定サイトの利用が効果的な選択です。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、自らあちこちの店舗に出向かなくても高値で取り引きしてくれる会社をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、更にその車の価値がおおよそ現時点でどのくらいの金額になるのかの目安がすぐに分かるのです。

    車の買取で決して高く評価されないのは、改造車でしょう。

    いわゆる大手の買取店の場合、メーカーやディーラーの純正オプションであれば高く評価されます。

    皆が喜ぶオプション、例えばサンルーフや純正ナビや革シートは査定額にプラスに影響しますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けているとあまり高い評価にはなりません。

    買取対象がスポーツカーというケースでは、専門店の方が良いと断言できます。

    中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、査定を担当する担当者にもよりますが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    そうは言っても、売却予定になってから車検を行っても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    車査定で真っ先に見られる走行距離は、長ければ長いほどマイナスに評価されます。

    特に10万キロ超えの車だと高く売れるはずの高級車でも基本的に値段がつかないと査定されることを考えておいてください。

    もし走行距離が同じなら、使った期間が短い方が低い査定となります。

    短期間に酷使した証拠だと判断されるのが普通です。

    車の査定、下取りをする際に、ガソリンはどの程度あったらよいのか気にする人もいるみたいです。

    しかし、結論からいうと、気にすることありません。

    車の買取、下取りで重視するのは、車の年式をはじめ車種、走行距離、ボディカラー、車の状態などです。

    というわけなので基本的にガソリンの残っている量を気にする必要はないといえるのです。

    もうそろそろ車を売ろうかな、となった時、車を買取業者に持ち込んで査定を受け、売買することが決まり契約した後に減額するよう請求されることもあります。

    ちょっと待ってください、詳しく点検した所、欠陥があったので買い取り額を下げさせてくれと要求されても承諾しなくてよいのです。

    その不具合があることを知りながらにして事前の報告を怠ったのならともかく、そうでないのなら減額に応じないようにするか、契約を撤回しましょう。

    今では買い取り業者の大半が、無料の査定サービスを行うようになっており、グーグルやヤフーなどで車査定、出張、無料などの言葉を入れて検索してみたら、出張査定サービスを行っている業者がとても多いのがわかります。

    利用るなら、正によりどりみどりです。

    この出張査定サービスを使うことでできる限り良い値で車を売りたいのなら、業者はとてもたくさんある訳ですから、いくつかの会社を競合させて少しでも値段をつり上げようとするのも交渉事に自信があれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

    しかし業者側からすると、無料査定サービスそのものが営業目的という面もありますから、相当力を入れて取引を持ちかけようとするでしょう。

    ですから、そういうことにうまく対応できない人にとっては、なかなか難しい方法だと言えるでしょう。

    二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる仕組みのことです。

    中古車買取業者に査定依頼をして、査定額が出たとします。

    本来なら、その額で買い取ってもらいますが、後に故障箇所や傷が見つかってしまうこともありますよね。

    このような場合には、一度決まっていた査定額を変更されるということもありえるのです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、自動車を売ろうと考えている人から見ても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、当然のように買取金額も上昇します。

    一般的に会社の決算月である3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、買取店での価格交渉も有利に行える可能性が高いのです。

    さらに9月は、夏のボーナスの影響もあって車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。

    秋田県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    秋田県で新車リース申込なら