個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

現在、新車の個人事業主向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが車買い取り店舗の査定士の仕事と言えます。

    買取販売店の従業員のセールストークを鵜呑みにするのもどうかというところがあって、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    実際の査定の前に適正な査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、相場価格よりも安く提案された際に値段の駆け引きをする準備をしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、査定時に提示された見積額には当然ながら有効期限があるものです。

    期限については業者や担当者ごとに違いがあるはずですから、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでかしっかり確認することが不可欠です。

    有効期限の設定は、長いところで2週間という感じですが、これがボーナス商戦や決算の時期などに当たると短縮されていることが多いので注意が必要です。

    全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。

    しかし同じ全損にも2通りあります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    この時に根拠になるのが日本自動車査定協会の有するデータで、保険会社はそれを参照して市場の相場を把握しています。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    車の「無料査定」を謳っている業者は多いですが、買取サービス全体が無料だと思っていただいて構いません。

    といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。

    なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合は買取価格から天引きしてくれる会社が多く、契約書を記入したときに別途支払うこともあります。

    定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。

    それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、その費用がだいたい600円前後かかります。

    まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。

    子供が家族の一員になったので、2シーターの車から、買い換える運びとなりました。

    独身時代から乗り続けている車ですので、愛着が詰まってました。

    新しく車を購入するため、売ることにしました。

    残念なことに、低い査定額となりましたが、傷がついてますので、これ以上は望めないのかもしれません。

    買取額を上げるためには、買取先の選択が何にもまして重要になります。

    一括査定ならば複数の業者を簡単に比較できるので、最も高額で買い取ってくれるところを選びましょう。

    加えて、買取に出す前に車内をちゃんと清掃しておくことも秘訣と言えるでしょう。

    最低限のラインとして、ゴミや埃が車内に残っているという状態は避けましょう。

    乗っていると自分では分からない部分ですが、車内のニオイもきちんと対策しておきましょう。

    車の買取には印鑑証明が必要になります。

    取引には実印を使うので、実印登録している市役所、もしくは役所の出先機関で、2通入手しておきましょう。

    近頃では証明書をコンビニなどで発行することもできますし、自動発行の機械を設置している役所も増えてきました。

    ここで留意するべきは、一か月以内に発行された証明書でなければ受け付けられないことです。

    取得日付のあまり古いものは使用できません。

    安心で安全な燃費の低い車を希望しているならトヨタのプリウスがおススメです。

    プリウスは言わなくても分かるようなトヨタによる低燃費車なのです。

    ハイブリッドの王様とも例えられる車です。

    プリウスは美しさも一つの特徴です。

    人間工学の観点から、空気抵抗の流れを計算してデザインが工夫されているため、いいものです。

    車の買い替え時に注意したい点があります。

    少しでも高く買い取ってもらいたい、という気持ちがあるのなら、実はディーラーよりも、専門の中古車買取業者を使う方が、だいぶ金額的に得をするらしいということが、よく知られるようになってきたようで、最近中古車の買取市場は活況です。

    一昔前なら、買取業者を利用するには、直接出向くのが普通でしたが、今は違います。

    お店に行かなくても、自宅でもどこでも、パソコンやスマホで査定額の目安を知ることができて便利です。

    それが中古車を査定する専門サイト、すなわち車査定サイトです。

    メーカー、車種、車名、年式などといった基本的な項目を埋めていくだけで、数十秒から数分ほど後、答えが返ってきます。

    車を売ろうとする時に、一括査定サイトの利用をされる人が増加傾向にあります。

    一括査定サイトの利用をすれば、一度に複数の買取業者に査定依頼できるので非常に便利です。

    そのうちで、もっとも高い買取額を示した業者に売却をすれば、高額買取をいとも簡単にできます。

    ただし、無料査定サイトを使う場合には、気をつけておくべきこともあります。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら