個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

現在、新車の個人事業主向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    中古車を売買しようとするときに、多くの業者に出張査定依頼をして、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    この方法を取ることによって生じる利点は、その場に居る査定スタッフ同士が価格競争をして見積額の引き上げを狙えることでしょう。

    買取業者の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、相見積もりを快諾してくれる業者は是非とも手に入れたいと考えている業者が多く、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。

    ちょっとでも中古車の査定額をアップするために効果が高い方法といえますね。

    中古車の買取業務を行っている会社は、昔とは違ってあちこちに見られるようになっています。

    不要になった車を業者に買い取ってもらおうとする際は、必ず契約を守るように注意する必要があります。

    契約を撤回することは、大前提として受け入れられないので、気をつける必要があります。

    愛車をできるだけ有利に売却するためには、買取を行っている業者に売ることが適当です。

    色々な業者が車の買取業務を営んでいるので、あらかじめ大体の相場を見極めて、業者との交渉を進行していくことが肝要です。

    業者しだいで買取額に差があるので、一社だけに査定を頼むと不利益になるでしょう。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、査定時にプラス評価が付きます。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車検が終了した直後に車を手放すことは有益ではありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    車査定をやってもらいました。

    特に注意点は、見当たらないと思います。

    高く売るための秘訣は、やはり、洗車らしいです。

    洗車でぴかぴかの状態を維持していると、査定士は好印象を持ちますし、査定がスムーズに進むからです。

    意外と忘れてしまうところは、エンジンルームのことです。

    エンジンルームの洗車がおすすめです。

    思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って業者を決めたら、いよいよ実車の査定をしてもらうことになるわけですが、実車査定の時点で揃えておきたい書類があります。

    自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。

    査定の日時が決まって、そこからあわただしくしないで済むように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に手元に一式揃えておくといいでしょう。

    必要書類を紛失していた場合は、再発行ということになりますので、物によっては時間もかかります。

    必要書類はくれぐれも早めに揃えておくようにしましょう。

    車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。

    黒や白などの定番カラーは無難でオークションなどで人気が安定しているため、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    また、シルバーカラーの場合は定番であることに加えてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    反対に、黒や白、シルバー以外の色となると、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

    車を査定するときには流行している車体色だとしても、買取をしてから実際に次のオーナーの手にわたるまでには流行が終わっている可能性が高いからです。

    車査定にも、査定に適したタイミングが存在します。

    愛車を手放そうと思った、まさにその時です。

    なぜかというと、車はほったらかしたままでもどんどん劣化してしまうものなのです。

    ということは、時間が経てば経つほど、価値が下がってしまうのです。

    査定を受ける段階で可能な限り、新しい方が高値がつくのです。

    ですので、車の処分を考えた段階で、即売ることが一番良い結果につながると思います。

    車の査定について言えばとにかく、どの業者を使うかということが重視するべきキーポイントになります。

    と言うのも、中古車の査定額はどこでも同じにはならないので、しばしば、少しどころではない査定額の差が出てしまうことになります。

    簡単に言うと、他の業者より、少しでも高い査定額をつけてくれる買い取り業者を見つけるべきだということです。

    そういった際にとても便利な「一括査定サイト」はご存じでしょうか。

    利用すると、複数業者からまとめて査定額を出させることができるようになっています。

    金額的なことだけで考えれば、オークションの方が車を高く売るにはよりよい方法である可能性は0%ではありません。

    車の買い取りを行う業者というものは、販売予定価格を下回るより安い金額で車を買い取り、店頭で販売したりオークションに出品されることになります。

    しかしながら、オークションに出品したにもかかわらず、出すお金だけかかって落札されないことも考えられます。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら