個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

現在、新車の個人事業主向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも買取査定時の値崩れが大きいといわれますがなぜでしょうか。

    外国製の車は国内での流通量が日本の大手メーカーのものと比べるとどうしても少ないですから、需要も読みにくいところがあり、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、できるだけたくさんの中古車屋に査定してもらった上で、高額査定を出してくれたところに売却することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、車検は自動車査定の金額に影響を与えます。

    「車検切れ」である車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    かといって、車検が一年も残っていない状態では査定価格アップをそれほど期待できません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、車検を通してから車の売却を考えるのはあまり適切ではありません。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    現在所有している車を手放そうというときに最善の方法のひとつに、無料一括査定サイトを使って査定する事が効果的な選択です。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、ひとつひとつの会社に見積もりを出してもらわなくても最も高い金額を提示してくれる店舗をピックアップする事ができてしまうのです。

    もちろん、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    車の現物を見て査定してもらう時は、中古車屋に車を乗り付けるのではなく、自宅や仕事先まで来てもらうことも可能です。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高値で売却できるメリットがあります。

    最近、子供が生まれて家族が増えたので、ミニバンにしようと決断しました。

    そこで購入費用の足しにしようと、もう一台のムーブを査定してもらうつもりでしたが、もう10年以上使っていた車でしたので、売れないのではないかと悩んでいました。

    ところが、インターネットの一括査定サイトでいくつかの業者に見積もりをお願いした上で、車を見に来てもらったところ、だいたい20万円で買い取って頂けたので、喜んでいます。

    車を売ろうと思った時には一般に買取と下取りの二つが主な選択肢として挙げられます。

    二つの内、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。

    高く売りたいときは、買取をお勧めします。

    買取と下取りでは査定の方法も全然違って、買取の方が高く査定してもらえる基準を用いています。

    下取りでは価値のない要素も買取では評価されたりもします。

    手放す車の状況によっては、査定額がつかない事もあります。

    具合的な話ですと、発売から時間が経っているもの(10年以上)、また10万キロを超えているもの、改造車、劣化の激しい車、故障車、事故車などは査定額が0円になる可能性が高いです。

    今では多くの中古車買取業者がありますが、その中には事故車や故障車に特化した業者がありますから、劣化の激しい車の査定をお考えの場合は専門に取り扱ってくれる業者に査定してもらうのが一番良いのではないかと思います。

    以前、車を買い替える事情で、車の一括査定をしてもらいました。

    下取りで頼むより、買取を依頼した方が、得をするという情報を耳にしたためです。

    一括査定に頼んだりすると、複数の業者から査定してもらえる事が可能だったりします。

    結果的に利用してよかったと感じています。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルはいくつかあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    さらに悪質な業者の場合は、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    悪質なケースに巻き込まれた場合には、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    買取販売店の従業員のセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    売却の前に自分の車の査定相場が大体このぐらいの金額になると確認しておき、事前調査の価格よりも低く提示された場合に交渉するつもりでいるとプロのセールストークを上手にかわすことが可能になるでしょう。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら