個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

現在、新車の個人事業主向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車の査定というと、以前は何か煩雑なものというイメージがあるものでしたが、誰もがネットを利用する世の中になってからは大変簡単なものとなっています。

    スマホやタブレットを持っていたらいつでも一括査定サイトを通して手続きができます。

    使い方は簡単で、複雑な手続きをしなくても大丈夫です。

    車の基本情報、車種や年式、メーカーなどと共に連絡先等個人情報の欄に文字を打ち込めば数社の査定額がわかる仕組みになっています。

    いつも忙しく、まとまった時間を確保できないという人でもスマホがあれば通勤電車内や休憩時間中といった限られた時間を使って、査定を申し込めます。

    車を廃車にする時に還付されるのが自動車税と言われるものですが、実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知ですか。

    車を手放す時には、残存分の自動車税は返金してもらうことが可能になります。

    逆に中古車を購入する際には、次年度までの期間に応じて購入者が払う必要が出てきてしまいます。

    中古車買取店にかかってくる電話には「本人ではないのですが売りたい」という相談が結構多いです。

    自分のものではない(名義人がちがう)車を売却するときは、勝手に売ることはできませんので、名義人の方の印鑑証明と実印を捺印した譲渡証明書と売却の委任状を用意していただければ、本人以外でも代理人契約として売却できます。

    ただ、売買契約時に名義人本人が立ち会える場合は、本人契約となるため、譲渡証明や委任状は不要です。

    自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、事実上売却不能です。

    そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、即決で売却しても良いんだという意志を思いっきりアピールすることでしょう。

    何となく査定してもらうけども多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、査定額に納得すれば今日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、ほかの業者に逃すまいと高めの見積もりを示してくれるかもしれないでしょう。

    自動車を売買契約した後に買取金額を減らされてしまったり、クーリングオフ不可というトラブルも結構、頻繁に発生しています。

    契約書をしっかり読んでおかないと後になって困るのは自分なので、面倒くさいと思わず目を通してください。

    特に、キャンセル料が必要かどうかは大切ですから、十分に確かめるようにしましょう。

    中古車を買い取る業者に車を売りに出すときは自動車税にも注意しましょう。

    自動車税のうち、支払い済みのものは月割りで返されるのですが、既に買取額に含まれていることもあるようです。

    他の買取業者よりも高く買い取ってもらえると思ったのに、実際には安い値段だったということになることもあるので、自動車では特に税金の清算方法については大切です。

    買取にはいくつか書類が必要ですが、その一つが印鑑証明です。

    実印登録をしているなら、その市役所、それか各所の出先機関で2枚用意しましょう。

    今時なら証明書発行サービスを扱っているコンビニもありますし、役所に設置している機械で自動発行することもできます。

    気を付けなければならないのは、証明書は新しいもの、具体的には一ヶ月以内に発行したものを用いることです。

    取得日付のあまり古いものは使用できません。

    当然のことですが、人気が高く、需要のある車種は査定をお願いしても十分な査定額を提示してもらえます。

    ホンダのN-BOXやトヨタのプリウス、日産のセレナなどは人気が高い車種と言えます。

    例え購入当時に人気が高い車種だったとしても、売る段階でそこまで需要が高くなければ、反対に高くは売れないことが多いです。

    傷の入った車を買取に出す場合、査定ではマイナスになる場合がほとんどです。

    しかし、だからって傷を直した上で買取に出したところで、それほど良いことはありません。

    修理店に修復に出したとしても査定の上昇額が修理費用を上回ることはありませんし、まして素人の手で修復しようものならむしろ査定が下がることもあるので注意しましょう。

    下手に修復を試みるのではなく、今ある状態のままで買取に出した方が得策でしょう。

    中古車をできるだけ高く売却するには、いくらで買い取ってもらえるか調べるのがよいやり方です。

    近頃はネットで簡単に一括で買い取り査定をまとめて受けれます。

    必要事項を一度だけ入力して申し込むだけで、多くの業者から買い取り価格を知ることができます。

    数社の業者の内で最も査定額が高い所に売れば良いわけです。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら