個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 山口県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは山口県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

山口県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(山口県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    山口県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出しているようです。

    ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。

    売るほうの気持ちの問題もありますが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

    私も下取りしてもらう予定でしたが、中古車業者が近所にできたので査定を依頼したところ、買取のほうがダントツで高かったんです。

    2つの業者のうち片方は現金買取りと言うのも魅力でした。

    現金を持ってディーラーに行き、下取りなしで車を購入。

    月々のローンを軽減することができました。

    下取りを値引きだと思っていると損ですよね。

    仲の良い友人が自分の車を買いたいと申し出たときなどには、お金をどうするかなどの契約事が曖昧になりやすいです。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、大切な事柄に関してはきちんと書面にしたためるべきです。

    きちんと念書を作るのを嫌がる人では、後からいざこざが起きても仕方がないため、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

    お金に関する面だけで考えれば、オークションは他の方法に比べ、車を高く売ることができる可能性は0%ではありません。

    車の買い取りを行う業者というものは、販売予定価格を下回るより安い金額で車を買い取り、店舗での販売を行ったりオークションに出品することにしています。

    ところが、オークションに出しても、出品するための費用だけがかかってしまって落札されないことも考えられます。

    安全で安心な低燃費の車を探しているならトヨタのプリウスをすすめます。

    プリウスは言うまでもなく有名な、TOYOTAによる低燃費車です。

    ハイブリッドの王様かもしれません。

    プリウスは外観の美しさも特徴の一つです。

    人間工学と空気抵抗の流れを計ってデザインされていて、推奨します。

    大きな中古車買取店のほとんどが、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    これらの多くは車売却の際にプレゼントされることが可能ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    具体的にいうと、ネット上の特定のページから無料査定を行ったら一定のポイントが貰えるなどです。

    査定だけをしてポイントを稼ぎ、買取自体は断ってもOKなので、このようなキャンペーンが開催されているのを発見したらぜひ査定してみるとお得ですね。

    事故で壊れた車は廃車にするより査定を受けた方が明らかにお得です。

    事故で壊れた車は価値がないと思われるかもしれません。

    でも、事故で損傷を受けた車であっても、部品として使用できるものがたくさんあり、国外でのニーズが期待できるのです。

    さらに、事故で壊れた車でも専門業者が修理すればまた乗れるようになるケースもあり、想像していた価格よりも高値で売却できる場合もあります。

    思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って業者を決めたら、実車の査定を受ける段階へと進むことになるのですが、この時に、準備しておく書類があります。

    車検証と自賠責保険証なのですが、所在はすぐに確認できるでしょうか。

    査定の日が近づいてきてからバタバタと慌てなくていいように、売却の時に提示が必要な各種書類も一緒にきちんと準備をしておいた方がいいでしょう。

    必要書類を紛失していた場合は、再発行の必要があって、それなりに時間がかかりものもありますから注意してください。

    名前を知らせずに査定ができない一番大きな理由は、盗難に遭った車や、犯罪に利用された車だった際に、問題はまったくたやすいものではなくなるからです。

    そういったケースの車を評価をしてしまった場合、買い取る業者までがトラブルに見舞われる見込みが出てきます。

    この危険な確率を上げないために、名前を告げずに済む調査判定はないことをご理解ください。

    買取の契約を交わした後、やはり取り消したいという場合、早期であれば無償でキャンセルを受け付けてくれるところが多いと思います。

    しかし、名義変更、オークション登録といった段階に進む前、まだ売却先が決まっていない場合など、必要な条件を満たさなければなりませんから、キャンセルできる場合やその期間をぜひ確認しておきましょう。

    契約後にキャンセルを申し出るのはトラブルの元なので、あらかじめよく考えて契約するようにしましょう。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    個人所有の自動車であり、通勤に専用に使っていた車であれば所得税の対象外となります。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、所得税を支払う可能性もあります。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明な点は確定申告の際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    山口県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    山口県で新車リース申込なら