個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 山梨県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは山梨県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

山梨県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(山梨県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    山梨県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    買取業者からの電話攻勢が毎日大量に来るので辟易することもあるかも知れませんが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。

    相場を知っていないと業者との交渉もできないでしょうし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    「即決すれば高く買い取りできます」などの営業トークに誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、自動車を高く売却するコツと言っても良いでしょう。

    マツダで新車を買う場合、今持っているデミオのディーラー下取りという選択は皆さん思い浮かびますよね。

    ところが、ディーラーに下取りをお願いしてしまうと、実は損になるケースがほとんどでしょう。

    ディーラーの主な販売は新車ですので、下取り価格が高いと、それだけ儲けが減ってしまいます。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    溝が減っていると減点対象ですが、売るときに新しくタイヤを変えたとしてもタイヤ購入のお金以上に加算されないので、行う必要性は全くないでしょう。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、じっさいに見積もりを出してもらう前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、減点対象になってしまうことがほとんどですから。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にたくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、お宅へ伺ってもよろしいでしょうかと、言葉こそ違えど内容は同じです。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる業者さんもあるようですし、不快に感じたら嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのがコツです。

    品物がないので諦めがつくのでしょう。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという一括査定サービスを利用するのも手です。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    中古車の見積りではそれらは無関係なのが普通だからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは購入希望者は多いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などは驚くほど高値で取引されていることもある位です。

    中古車を取扱う業者にとって二重査定制度は好都合なものでありますが、利用者にとってはかなり不利な制度です。

    悪質業者にかかると、巧妙に二重査定という制度を利用して、ずいぶん査定額を下げてくることもあります。

    二重査定制度の問題を避けるためにも、契約を行う前に契約書にしっかり目を通すこと、査定の際に車の状態を明確に伝えることが大事です。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、減点対象として査定されないことがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷やしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、減額されるのが嫌だからと言って自らお金を出して修理しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    多数の見積り額を集める意義は、相場を知って買い叩きを回避するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも構わないでしょう。

    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

    中古車販売の営業さんの話をまるっきり信用してしまうのも考え物で、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    売却の前に自分の車の査定相場がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、下調べした金額よりも安く言われたときに自分から交渉する心構えをしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    ネット上の車査定に関する話題や口コミ情報を見てみると、実に様々な意見があります。

    思っていたより高い値段をつけてもらった、という喜びの声や、利用した業者の対応に不満がある、腹を立てているといったような、ネガティブイメージを増幅させるものなど、ピンからキリまで、と言っていい程に多種多様なのです。

    それから、一括査定サイトの機能の比較などというものもあり、参考にするのもいいでしょう。

    実際の体験に基づいた貴重な意見なども中にはあり、読んでおいて良かった、と思えることもよくありますが、とはいえ、結局はネット上の匿名の書き込みで、それほど信憑性の高いものでもありませんから、そう容易く信用せず、気楽に読み飛ばすのが賢い利用法なのかもしれませんね。

    山梨県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    山梨県で新車リース申込なら