個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 広島県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは広島県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

広島県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\[PR]おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(広島県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    広島県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    立が起きることも多く、ネット査定と実車査定の価格がまったく異なるというのは学校で習う内容でしょう。

    売買が成立した後に事実とは異なる理由をつけて返済料金が足らない場合は法律制度により免除される事も珍しくないです。

    車を引き渡したはずなのにお金の振込に失敗するケースもあります。

    他社とは違う繊細な査定を謳う信頼実績がない車買取業者には気をつけるようにしましょう。

    車の買取においては、一社だけでなく複数の業者の査定を受けるのが鉄則ですが、結果選ばなかった業者には断りの文句をどうすればいいか思いつかない人もいるでしょう。

    しかし、あれこれ考えなくても、他の業者で買取が決まったとはっきり言えばいいのです。

    この際、どこの業者がいくらで買い取ってくれるか言ってもいいでしょう。

    また、いちいち他を断るのが面倒だという人は、最初から同時査定を利用するのがお勧めです。

    車の価値だけを匿名で知りたい場合は、相場情報サイトを使ってみませんか?査定とは違いますので、正確に金額を算出できるわけではありませんが、同じ車種の買取相場はわかります。

    しかも、スマートフォンを使っているのであれば、個人情報を入力しない車査定アプリがあるので、それを使うのも良い方法かもしれません。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車は個人売買するのが間に業者を介在させないため一番高値になりやすいでしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までに必ず手続きをしてもらうように紙に書き示すことでトラブル回避可能です。

    お金に関することは、分割払いの初回のみ支払って二回目以降は支払いが滞ることがないように、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    中古車の買取してもらう場合に少しでも査定の額を上げようと車検切れとなった車を車検に通す方も多いです。

    車買取業者では自社の工場で車検を通しているところが、結構あるので、多少、上がった査定金額より自分で通した車検の代金の方がかかるのです。

    ですので、車検が間近となった場合でも、そのまま、とりあえず査定を受けた方が得なのです。

    自動車を売る時に、多少でも高く売りたいと思うならば、色々な業者に査定を頼んでから売ることを決めたほうが賢明と思います。

    どうしてかと言うと、その会社により査定金額及び、条件などが違うことが多いからです。

    後々後悔しないためにも、いくつかの査定を受けるようにするのがいいと思います。

    二重査定制度というのは、後から査定額の変更ができる制度のこととなります。

    中古車買取業者に査定依頼をして、査定額が決まったとします。

    本来なら、その額で買い取ってもらいますが、後から大小問わずいろんな傷や故障箇所が見つかってしまうこともありますよね。

    そんな時には、あらかじめ決定していたはずの査定額の変更を余儀なくされる可能性があります。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    複数の書類が必要になると言っても、車関連の書類を紛失したりせずに全部きちんと管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    車売却の時だけでなくて、印鑑証明書は自動車を買うときにも提出が求められますから、二枚同時にまとめて取得しておくと手間がかかりません。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を売却すると決めたのならば直ぐに印鑑証明書を取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    愛車を少しでも高価格で売るにはどのようなところに注意すべきでしょうか。

    ネットの一括査定を使って同時にいくつかの業者の査定を受けてみるのが良いやり方だといえます。

    あとは、査定を受ける前にきちんと洗車して車をキレイにしておくことも必要です。

    外の部分だけでなく、車内も忘れずに掃除するようになさってくださいね。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は無関係なのが普通だからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、はずして単品で売却すれば値段がつかないということはありませんし、ブランド品で状態が悪くなければ思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    広島県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    広島県で新車リース申込なら