個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 広島県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは広島県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

広島県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(広島県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    広島県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、査定額が大幅にマイナスになる元となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が同じように修理歴車になるわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても修理歴車とは呼ばないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    車査定で売却すればいいのか、あるいはまた、オークションで売るのがいいのか、迷ってしまうといった人はいませんか?愛車をわずかなりとも高く売却したいと思うのはオーナーとしては当たり前のことなので、こういった悩みを抱えておられる方は多いのではと思います。

    結論だけ言うと、希少価値の高い車なら、ネットオークションでの売却の方が高く売却できるかもしれません。

    中古車売買は査定に始まり売却で終わります。

    流れとしては、初めにネットの一括査定サイトを活用して、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから買取対象となる車を実際に業者が採点していき、最終的な買取額が算定されます。

    提示額が不満なら交渉の余地があります。

    そして満足な価格になったところで契約書を交わします。

    契約締結後に車を業者に引き渡し、それから所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で指定した口座に売却代金が振り込まれます。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、個人売買で自動車を売る方法が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    前者については、双方が決めた月日までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、原則一括払いのみで売ることが重要になるでしょう。

    買取店に車を売却する前にしておくべきことは、最低限このふたつに尽きます。

    最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    査定額が安いか高いか判断する基準がなければ、明らかに損な価格で売却する場合もないわけではありません。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    車の外側はいつも通りの洗車で充分ですから、車内の掃除を頑張りましょう。

    少しでも車内に匂いがあると、査定で減点されるのは間違いありません。

    家族名義の車や別居の親族の車なども手間はかかりますが売れないことはありません。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、かなり手間がかかると考えて間違いありません。

    車査定の情報も、最近はネット上でたくさん見られるようになっています。

    見積や現物査定の前に確認しておきたいことも多くのサイトで調べられます。

    おおむね外装、内装、走行距離、エンジン周り、純正部品や必要な書類についてですが、査定のチェックポイントを知っておいて、事前にできることを終えてから、売却に取りかかりましょう。

    とはいえ、部品交換や修理に費用を割くよりも、あえて余計なお金を使わない方がお得なケースも多々あります。

    車を売ろうと思い立ったら、ネットで無料中古車一括査定サイトを検索して利用すると、売ろうと考えている車の価格相場が一瞬で把握可能なので利便性が高いと言えます。

    そうは言っても、実際の売却価格までは「実査定」を受けて最終的な査定額を聞くまでは分からないのです。

    その車の外装や内装の状態、および車検がどのくらい残っているかなどによって、見積額はかなり変化するのです。

    車を査定してもらうときには、中古車一括査定サイトからはじき出された相場価格を過信しすぎないように気を付けましょう。

    業者に車を売却するときは、走行距離で値付けが大幅に変わってきます。

    1年で1万kmというのがだいたいの目安で、5年前の車なら5万kmをベースに計算し、走行した距離が短いほど買取額がアップしますが、10万超だとマイナス査定というより、よほど希少価値のある車でない限り、買値がつきにくいと思って良いでしょう。

    また、査定は車種や需要によっても幅があるようです。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法はカーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい金額を競わせ、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は価格競争の必要がないのでもしかすると安く買い叩かれてしまうかもしれません。

    けれども購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    広島県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    広島県で新車リース申込なら