個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 熊本県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは熊本県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

熊本県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(熊本県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    熊本県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    タイヤの状態は中古車の査定時には価格に対する影響が少ないものです。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    スタッドレスは高価ですが、雪国などでもない限りノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから販売する必要があります。

    つまりそれだけ差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    中古車市場での需要が高まる季節には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    日産で販売されているデイズは、新しいスタイルの軽自動車として評価を受けている車種です。

    スタイリッシュなデザイン、充実した装備、燃費の良さなどが、デイズを特徴づけている点です。

    アラウンドビューモニターが装備されていて、安全性を重視しているのが魅力的です。

    中古車売買に際して、1年1ヶ月以上車検が残ったままだと、業者によっても違ってくるかもしれませんが、約数万円程度のプラス査定になるでしょう。

    しかしながら、車検まで1年以下しか残っていないときには車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    そうは言っても、売却する前に車検を通したとしても通した車検費用より多くの金額が見積金額に足されて得することは無いのですから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、ディーラーに下取りしてもらう方法、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。

    オークションをするときには、車の外装や内装の状態写真や説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することがやっかいなトラブルを避ける上で非常に有効なことです。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    その他の大切だと思ったことは念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、一般の中古買取店などで査定してもらってもタダ同然になることが多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、多(過)走行車や事故車を専門に扱う業者に相談するという手があります。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    買取依頼の際に車体に傷が入っていると、査定金額は下がってしまうのが一般的です。

    とはいえ、事前に傷を修復して買取してもらうのも良い手段とは言えません。

    ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用を取り戻せるほど査定に影響は与えませんし、自分で修復してしまうとかえって査定額が下がることがあるので注意してください。

    下手に修復を試みるのではなく、今ある状態のままで買取に出した方が得策でしょう。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、ボーナスの影響が出やすい9月というのは自動車の販売は好調です。

    業者の意図としてはできるだけこの時期に商品を仕入れて捌きたいです。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定はどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに買取業者にそうそう何件も足を運ぶのは難しいです。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    ただ、自分が申し込んだ複数の会社から申し込み後には我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

    今まで使っていた車を買取業者に引渡してしまったら、次に使う車が手に入るまでの間、間が開いてしまう場合もあるでしょう。

    買取業者の中でも、代車を貸すところも増加しているようです。

    早めに話しておくと代車の用意も円滑です。

    その他にも、次の車を買う際に代車が使えるディーラーもありますから、そちら側にも話をしてみましょう。

    熊本県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    熊本県で新車リース申込なら