個人事業主の車リース

経費で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 神奈川県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「リース代は経費で落とせる?」

当サイトでは神奈川県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人事業主向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

神奈川県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分の希望にぴったりの車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人事業主向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(神奈川県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    神奈川県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースの費用は経費にできる?

    新車の一括購入と違って、車リースの毎月のリース料は、全額経費として計上できます。 車の所有に特にこだわりがないのであれば、節税効果が高い車リースがおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するメリットは、

    • 初期費用を抑えて新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。車を所有することにこだわりがなかったり、 車に詳しくない個人事業主の方に車リースはおすすめです。

    Q.個人事業主が車リースを利用するデメリットは?

    個人事業主が車リースを利用するデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 期間中の解約が原則できない
    • 大きな傷やへこみがあると違約金が発生する
    となります。走行距離が決められるため、業務で毎日長距離を走っている方に車リースはおすすめできません。

    Q.車リースに向いている個人事業主は?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった個人事業主の方におすすめです。

    つまり、

    • リース代を経費化したい個人事業主
    • 初期費用を抑えたい個人事業主
    • 月々の支払額を抑えたい個人事業主
    • 車のメンテを任せたい個人事業主
    • あまり長距離乗らない個人事業主
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない個人事業主は?

    逆に車リースに向いていない個人事業主は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある個人事業主
    • 車のメンテが自分でできる個人事業主
    • 走行距離が多い個人事業主

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる個人事業主の方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、たくさんの加盟店からの電話連絡が入るでしょう。

    確実な買取額は実物の状態次第で決まるので、家にお伺いしたいという電話です。

    時には電話を再三かけてくる迷惑な業者さんもあるようですし、不快に感じたら別の会社と契約してしまったと答えるのが賢い方法です。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない一括査定サービスを利用するのも手です。

    車を査定か下取りに出したい折に、自分の乗用車の相場を知るにはどうやればわかるのでしょうか。

    実際に価値判断を受ける以前にインターネットの中古車買取査定一覧表で検索すれば、手軽に車の価格相場をサーチすることができます。

    個人情報の類を入力する義務もなく気軽に調査できるので、役立ちます。

    不要になった車を買い取る業者は、昔とは違って増えてきています。

    中古車を専門業者に買い取ってもらおうとする際は、必ず契約を守るように注意する必要があります。

    契約を撤回することは、一般的にできないので、気をつけなければなりません。

    Web上で中古車の一括査定を利用したいと考えているが、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    でも、名前を明かさずに利用可能なのは無料査定までの話です。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を実際に売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    車の買取会社は古物営業法に則り、取り引きをした相手の名前や住所などの情報をしっかりと記録しておく義務があるからです。

    事故を起こした車の場合、修理料金をはずんでも、事故前と同レベルに戻せないこともよくあります。

    事故の際、車が受ける衝撃により、フレームに歪みが生まれてしまうと、完全に修理することができないこともあります。

    事故車を修理するのにお金を使っても、事故車専門の買取業者に売却して、新車を購入する方が安全という意味ではいいかもしれません。

    買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。

    高めの査定金額で安心させて、契約をさせておいて、色々と理由を主張して当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。

    それなら当然、買取に出すのを止めようとすると、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送や保管にお金が掛かったからなどと言って支払いを求める手口も報告されています。

    業者が車を引き取ったあとで買取代金の振込がないという詐欺事例もあります。

    自動車を手放す場合に買取にするか下取りにするか、どちらを選択するべきかというと高く売りたいのなら買取です、下取りにすると買取より安く車とお別れすることになるでしょう。

    下取りでは評価されない部分が買取なら評価してもらえることも多いです。

    特に事故車を売る場合には、下取りにすると評価が非常に低く、廃車費用を請求されてしまうこともあります。

    新しい年式のものほど査定額は高くなるものですし、上のグレードのものほど査定額が上がってくることでしょう。

    ボディカラーも査定のときにチェックされるポイントで、シンプルな白や黒、シルバー等が人気です。

    自動車を買う時には、そのうちに売ることを考えて人気のありそうなカラーの車を購入するのも手かもしれません。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、売却後に業者のほうでタイヤを交換することも普通だからです。

    そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    タイヤを新品に替えたとしても逆に損するケースがほとんどです。

    マイカーを売る際、エアロパーツのことが案じていました。

    私的に、純正のエアロパーツに好みのものがなかったので、社外パーツを取り付けてしまったため、買取査定のプライスダウンは覚悟していました。

    でも、多くの買取業者に査定を要請したら、エアロパーツを高価査定してくれたところもあって、文句のない査定金額を評価してもらえました。

    神奈川県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    神奈川県で新車リース申込なら